VIO脱毛で後悔しない為に!これに気を付けよう

VIO脱毛で後悔しないように気を付けるべきこと

VIO脱毛で後悔しないように気を付けるべきこと
自己処理しにくいデリケートゾーンのムダ毛を綺麗に整えてくれるVIO脱毛。

女性に大人気ですが、実はVIO脱毛をして後悔してる人も多いのはご存知ですか?
VIO脱毛をした後のデリケートゾーンの見た目が変になってしまい、後悔してる人が多いんです。

しかし、脱毛後に後悔しても、もう後の祭りですよね。
VIO脱毛をした後に後悔しない為に、その対策方法を紹介します。

デザインの完成系のイメージを具体的に伝える

VIO脱毛での後悔に多いのが、完成系の見た目が変になってしまったという事です。
施術を行うスタッフはプロとは言え、必ず伝えた通りのデザインに出来るとは限りません。

特にデザインが抽象的過ぎたり、わかりにくかった場合はスタッフも完成系のイメージが思い描きにくく、上手く脱毛する事が出来ません。

VIOのデザインは具体的に伝えるようにしよう

スタッフが少しでも完成系のイメージをしやすいように、デザインはより具体的に伝えましょう。
特に大事なのは、アンダーヘアをどうするか伝える事です。

無毛にしたいならその事をしっかり告げて、毛を残すなら形はどうするかを伝えましょう。

Iラインは安易に無毛にしない

Iラインを無毛にして後悔した、という人は多いです。
実はIラインを無毛にしてしまうと、デリケートゾーンの割れ目が見えてしまって見た目が不自然になってしまうんです。

その為、アンダーヘアを完全に無毛にする場合を除いて、Iラインを完全に無毛にするのはやめた方が無難です。
しかし、Iラインを全く脱毛しないのも変なので、少しは脱毛するようにしましょう。

Iラインの脱毛を頼む時は、細かく脱毛範囲を伝えるよりも「割れ目が見えない程度に脱毛してください」と伝えるのがおすすめです。
そうすると、スタッフが割れ目が見えず不自然にならない程度にIラインを脱毛してくれます。

自分が細かく伝えた結果Iラインの脱毛を失敗してしまう事もあるので、ここは素直にスタッフにおまかせしましょう。

失敗したら恥ずかしい思いをするVIO脱毛

後悔しないVIO脱毛をしよう!
今回紹介したデザインのイメージを具体的に伝える、Iラインは無毛にしないという事に気を付ければ、後で後悔する事もなくなります。

VIO脱毛に失敗して、毛が生えてくる期間スパや温泉に行けなくなるのは辛いですよね。
そんな思いをしない為にも、今回紹介した対策方法を実践してみてくださいね。